不動産売却手数料は意外と高額

不動産売却手数料は意外と高額

不動産売却にかかる、不動産業者への手数料はいくらくらい掛かるかご存知でしょうか。だいたい3%くらいと言われることが多いのですが、明確な金額はあまり知らない人が多いと思います。自分が売却する側になると詳しく調査しても、売るのはもう少し先と考えているとなかなか調査はしませんよね。
不動産の売却に掛かる手数料はだいたい3%〜5%くらいです。売却の金額の高さによっても異なり、低くなれば手数料の割合が高く、高額になればそれだけ低くなります。しかし、一般的には1000万円以上で売るケースが多いため、多くの場合では3%程度を採用している事が多くなっています。ちなみに3000万円の物件を売却したとなると、その手数料はおよそ100万円程度になってしまいます。意外と高額と感じた方も多いのでは無いでしょうか。3%と聞くとあまり高くないように感じても、実際の金額を調べてみると金額が意外と高いと感じてしまいます。
また、仲介手数料の支払にも様々なケースが見られています。売却が決まりその費用で支払うものや、最初に手数料の一部を支払わなければならない事もあります。良心的な不動産なら売却が正式に決まり、お金が手に入ってから支払う事が出来る所もあります。不動産はお金が必要だから売るのに、事前に費用が発生するとは知らなかったでは済みません。その点は最初に確認しておき、売買が成立するまでは一切費用が発生しないのか確認してみて下さい。