希望通りの価格ではなかなか売れない

希望通りの価格ではなかなか売れない

売る側としては、価格を事前に調査したとしてもきもち高めに売りたくなる心理が働いてしまいます。そのため、売る側が希望する価格で売れる事は少なく、実際には多少金額が減ってしまうのが一般的です。人気物件とか、人気のエリア、建物が新しくて綺麗、デザイナー住宅など何か付加価値が無ければ、希望通りの価格で売れる事はまず無いでしょう。低い値段から売る人はほとんど居なく、最初は気持ち高めから始めて、徐々に価格交渉に応じる事が多いからです。
現在は高齢化社会となっており、世の中ではどんどん住宅が余ってきています。高齢者の中でも一戸建てを持っている方は多く、亡くなったことによって遺族が売却するケースも増えています。つまり今後は中古住宅は思ったより低い価格で売れる可能性があると言うことです。中には建物の価値はほとんど無くなっており、取り壊して更地にしなければ売れないと言う物件もあったりします。取り壊しにも費用がかかるわけですから、思ったような価格では売れにくくなっています。
若い人が中古住宅は安いことから購入し、リフォームして住むケースは増えているのですが、それでも今後は住宅が売れればよいくらいの気持ちのほうがよいかもしれません。